【 打開策のヒントとは 】姫路市カウンセリングルームプチフォレスト

24時間WEB予約

ブログ

【 打開策のヒントとは 】姫路市カウンセリングルームプチフォレスト

2019/12/18

こんにちは^^

姫路市カウンセリングルーム プチフォレストです。

 

時々、Facebookにも投稿しております。

その中で 様々な 投稿を見る機会があるのですが

悩みを抱えていたり、病と闘う方のお話を

拝見しましたので 少しでも参考になれば、と思います^^

 

お悩みは、主に人間関係が多く

見受けられましたので簡潔にまとめておきます(^^)

 

 

まず、

問題の範囲

・  所有者

・  内容

・  特徴

 

を、分析し 明確にします。

 

・「それは誰の問題か」?

・「どこからどこまでが あなたの問題か」?

・「それはあなたが解決できることか」?

・「反対に その問題があなたにとっていいことになるのか」?

・「その問題が 最悪の状況になったらどうするのか」?

 

上記の 問題の範囲、所有者、内容、特徴を

分析し、明確にすることで視点を変えることができます。

 

当事者や渦中である状態よりも

客観的に広い視野で、考えられます。

自動思考という思考の癖があるので

ある程度 偏りを緩和させるために

価値観についても触れておきます(^^)

 

 

【 自己の価値観 】とは

 

・○○○すべきだ

・○○○してはいけない

普通は○○○

常識では○○○

 

よく日常に飛び交い、耳にする文言かと思います。

しかし無意識に自己の価値観で

コミュニケーションが交わされますので

価値観が合わなければ、摩擦が生じます。

 

個人的な感情で、個人的な価値観で

人はジャッジし合っているのです。

 

自己の価値観は

育った環境などで 大きく左右されるので

「当たり前」は、あくまで自分の「当たり前」だと

認識する必要があります。

 

すなわち、皆 違う価値観を持っているのです。

短絡的に相手を決めつけることはとても容易く

いつでも簡単にできます。

しかし、それによって問題が生じるのであれば

自分の視野を広げれば良いのです。

 

自分の視野の限界がきているなら

自分をさらに成長させるチャンスです。

 

絡まった糸を解くように

上記にある 問題の在り処と、自己の価値観を

整理整頓してみると、案外意外な着地点があるかも知れません^^

 

それでも答えが遠い、

糸がここだけ絡まってる、

視野の広げ方をもっと知りたい、

という方がおられた場合は、

いつでもお気軽にご相談くださいませ^^

 

姫路市カウンセリングルームプチフォレストでは

遠方の方は、TELカウンセリングになりますが

受付可能ですので、こんがらがってしまう前に

ご相談くださいませ^^

 

 

 

男性がチェスをしている様子